収支予測計算表の作り方と見方〜10年後の実績〜

当サイトについて

当サイトでは、賃貸経営における必要最低限の知識として、収支予測計算表の作り方と見方〜10年後の実績〜についてのコンテンツを提供しています。
また、『収支予測計算表の作り方と見方〜10年後の実績〜とは』といった大きなカテゴリの説明から、収支予測計算表の作り方と見方〜10年後の実績〜に関して細分化されたカテゴリまでを極力わかりやすいコンテンツ形式で掲載しています。

賃貸経営についてこれから学ばれる方にとって最もわかりやすいサイトを目指しております。
 ◎おすすめ賃貸経営ポータルサイト◎
資産活用 賃貸経営
あなたの賃貸経営をサポート!
採算性を算出するに必要な収支予測表を作ってみましょう。最近ではコンピューターを利用してのアパート経営診断が行われています。この場合でも、必ず項目ごとに所定の指示を与えてあり、家賃、室数、礼金、敷金、借入金額と期間、減価償却の方法などのデータをインプットしなければ算出できません。
では、自分で予測するにはどうしたらよいのか、その基準などをご説明します。

建てる予定のアパートの青写真を書き取ることから…
 詳細はこちら
・家賃収入、世帯数につき額家賃の一年分を形状するが、初年度は…
 詳細はこちら
初年度支出分とは、建築に伴う諸費用であって、建物の表示登記・保存登記や…
・手数料・抵当権設定費用・契約書に印紙税、建物に葛西保険
 詳細はこちら
・税引全収入は、現金の収入のうち敷金は預り金であるため、収入合計(A)から敷金(イ)を…
 詳細はこちら